パンセ(思考する)
---キッチンエイドと国産小麦でシコウ錯誤のパン作り---
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
かぼちゃ餡ロール
 

かぼちゃペースト入りココアパン

ハロウィンはとっくに終わりましたが、
まだまだかぼちゃが食べたくて〜
甘さのほとんどないビターなココア生地に、
ほんのり甘いかぼちゃ餡を巻いたパンを作りました。




オリーブオイルセミハードパン

こちらは、オリーブオイルとクレイジーソルトで風味付けをした、
シンプルなセミハードパン。
緑の粒々は、乾燥パセリです。



ここからは、マクロビオティックなお菓子です。





ココアパウダーを入れたタルト生地に、
豆乳で作ったクリームチーズ風味のクリームを入れ、
かぼちゃペーストをモンブラン金口で絞りました。
クリームはふんわり空気を含んだムースに近い食感です♪
かぼちゃの種を飾りました。




坊ちゃんかぼちゃ(小さいかぼちゃです)を丸ごと使って、
かぼちゃプリンを作りました。
これは「卵」を使ったので、マクロビではありません(^^ゞ
縦に4つに切り(スイカのような感じ)、メイプルシロップをかけて、
外皮ごと食べました。




米粉を使った、パリパリ食感のクラッカーです。
甘みは入っていません。
お煎餅やポテトチップのような、しょっぱいお菓子が食べたくて、
でも家になく・・買いに行くのも面倒だったので作りました。
一枚食べ、しょっぱさが物足りなくて・・
袋に塩と一緒に入れて振り振りし、表面にも塩をまぶしました。
味が締まっておいしくなりました〜♪




タルト生地で作ったサブレです。
(いろいろなタルト生地の配合を考えていたんです〜)
タルト生地には甘みをあまり入れないので、
クッキーにすると物足りない!
なので焼き上がった後に、和三盆をまぶしました。
小鳥さんの型です。




豆乳で作ったカッテージチーズから、
ベイクドチーズケーキを作りました。
アーモンドとピーナッツペーストでコクを出したのですが、
あまり美味しく出来ませんでした(>_<)

で、リベンジしたのが、下のタルトです。





見た目にもこだわりました(^^)/
まずタルトを焼き、レーズンを数粒敷き、
そこにベイクドチーズ生地を流し入れ、また焼成、
9割くらい焼き上げた後に、
紅玉で作ったアップルフィリングを乗せて、更に少し焼きました。
冷めてから、粉状のカカオバターでリンゴ形をステンシルし、
かぼちゃの種を葉っぱに見立てて飾りました。

味はとてもおいしかったのですが、
ベイクドチーズの部分がちょっと柔らかくて・・
もうちょっと焼いた方が良かったかも。
微妙にリベンジにはならなかったので、
もう一回チャレンジしようと思います!



19:47 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
かぼちゃ入りフーガス


かぼちゃ入りハロウィン・フーガス

フーガスとは、
ピザの原型ともいわれ、ヨーロッパ各地で作られているパンだそうです。
一番有名なのが、プロバンス地方の葉っぱのような切れ目を入れたもの。
食事に合う、噛みごたえのあるパンだと思います。

そんなパンのハロウィンバージョンを、
食材屋さんのサイトにあった人気ブロガーさんのレシピを参考に、
作ってみました。これは手のひらサイズです。

生地によもぎパウダーを入れて緑色にしてみたのですが・・
あんまり目立たないですね(^^ゞ
パンの中に、かぼちゃペーストが入っています。
チラッと見えている黄色いのがそうです。



オリーブオイルや蜂蜜をちょっとつけるとおいしいです♪



 

胡桃入り全粒粉パン

パン中央にあるゴマっぽい粒々は、甜菜糖です。
シュガートップにしたのですが、甜菜糖は粒が大きいので溶け切れず、
残ってしまいました〜



レーズン入りにんじんパン

ブリオッシュ型に入れて焼いたにんじんパンです。
本当のブリオッシュは、卵・バターたっぷりのお菓子みたいなパンですが、
このパンはけっこうリーン。
パンを捏ねる時にすりおろし人参を入れたので、少し黄色いです。
しっとりもっちりしています。


ここからお菓子です。



甘酒を使った厚焼きクッキーです。
フランス菓子のガレットブルトンヌをイメージして、
マクロビ仕様で作りました。
厚みが焼き上がりで1.2センチくらいあるのですが、
ほっこりした食感で、固くはありません。

最近、マクロビのお菓子ばかり作っているので、
消費期限の迫ったバターの塊が冷蔵庫に!
なので本物のガレットブルトンヌを久々に作りました。


セルクルを使わなかったのでちょっとダレた形になってしまいましたが・・
甘酒クッキーと比べると、やはり見た目から食欲をそそります(^^ゞ
焼き上がりの香りも格段に違う・・さすが!フランスの伝統!!
マクロビお菓子の歴史は、まだ始まったばかり。
しかも見た目の美しさはまだまだこれから。
美しく花咲く前の若い蕾とでも言いましょうか(^^)

マクロビのハードタイプ菓子を3つ続けます。






ハードと言っても食感は軽く、サクサクですよ〜(^^)/
(1枚目のかぼちゃクッキーは少々しっかりした食感です)

写真2枚目の2色クッキーは、プレーンと紫芋味です。
焼き上げたら、ちょっと反ってしまいました〜。


今度はソフトタイプのマクロビ菓子3つです。






ドライアップルの角切りと生姜を入れたミニクグロフと、
チョコマーブルのミニクグロフ、
それから18センチセルクルで焼いたスポンジ生地の上に、
マロンペーストで作ったクリームを絞ったモンブランケーキです。
モンブランケーキは、マロンペーストとスポンジの間に、
豆乳で作ったクリームが挟まっています。

マクロビのポンジ生地を作ったのは〜思い返せば今回が初めて!
今まではタルト生地でフレッシュケーキを作っていたんです。
このスポンジ、けっこうフワフワ♪
でもちょっと焼き過ぎたかな^^;

ピースの写真はどうにか可愛いと思うのですが・・
全体を写した写真は何故か〜ざるそば!(@_@;)
でも記念なので・・載せます〜
これです(^_^;)



う〜〜〜〜ん・・ざる蕎麦。。
上に掛かった白い粉は砂糖ではなく、カカオバターパウダーです。


----------------------------------------------------------------------
9月から大型台風が続きますね・・。
大きな被害が出ている地域もあり、今も2つの台風の動向が気になります。
週末の予定が気になりますが、無理の無いように行動したいです。
皆さまもどうぞ安全な場所でお過ごしください!
----------------------------------------------------------------------
14:14 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
よもぎ平焼きあんぱん
 

さつまいも餡入りよもぎあんぱん

二次発酵の後、鉄板を乗せて平たく焼き上げたあんぱん。
生地は、よもぎ味です。



中には、甘酒入りの甘さ控えめさつまいも餡と、金時豆が入ってます。
金時豆はひとつのパンに4粒入れました。

写真撮影の時、うまく金時豆が出てくるといいな〜と、
祈りながら切ったのですが〜祈りが通じたかも(^^)/




全粒粉食パン

ごくごくシンプルな全粒粉入り食パン。
ハムでもジャムでもナム(何)でも合います♪


ここしばらく、マクロビオティックのお菓子作りにはまっていますが、
それまでは作ろうとも思わなかったお菓子を、
マクロビだと作りたくなるので不思議です!
そのひとつに、
アーモンドたっぷりの「フロランタン」があります。
バターとお砂糖で作ったキャラメルにアーモンドを混ぜ、
それをサブレ生地の上に乗せて香ばしく焼いたお菓子で、
とても人気があります。

でも超高カロリーっぽいし、
私はアーモンドをたくさん使ったお菓子を食べると、
主に口周りに湿疹が出来るので、買うこともなかったです。

ところが!
ブログを見てお気付きの方はまずいないと思いますが(笑)
最近は、アーモンドやナッツ類を使ったお菓子をたくさん作るようになってます。
何故かというと、
マクロビ仕様にすると、湿疹が出ないんです!
娘にもしばらく前に「お母さん、こんなにアーモンド使って平気なの?」と
聞かれました。
大丈夫なんですっっっ!!!

ということで、フロランタンを作りました(^.^)



サブレ生地・アーモンド部分ともに、動物性の素材は使っていません。
アーモンド部分にメイプルシロップを使うと、
やはり焼き上がりの香り・味が断然良いです!
が、コストが掛かり過ぎるので、米飴でも作ってみました。
米飴だとキャラメル部分がねっちりした感じに仕上がり、
こちらの食感の方が好みの人もいると思いますが、
どうにもこうにも・・米飴は味に深みがなく甘さが弱いんです(-"-)
2つを足せばコスパも味も良くなりそうなので、
丁度良い割合を見つけていきたいです。




スパイスの効いたはちみつたっぷりの焼き菓子です。
ノネットというフランスの伝統菓子を参考に、
マクロビで作りました。
ねちっとしていて美味しいです♪
砂糖でかっちりコーティングし乾燥を防いで、
保存食に近いお菓子に仕上げられるのですが、
未精製のお砂糖だとカチッと固まらず・・未だ試行錯誤中です。
写真のものは、焼いた素のままです。



紫芋パウダーを入れたマクロビクッキーです。
ピンクでお花型のクッキーは、
いくつになっても「可愛い♪」って思いますよね?(^^)


---------------------------------------------------------------------------
今は、秋の三連休中。
お天気も良くて、絶好の行楽・運動会日和ですね〜☆
我が家は、
娘は定期試験直前、息子は文化祭の準備で3日ともお弁当を持って学校。
なので私はごく普通に過ごしています。
元々、率先して家族で行楽するほうではなかったので、
(だって「お母さん」ってすっごく疲れますよね・・
遊んでも家事はしないといけないし)
子ども達が大きくなって、
自分の予定で忙しくしててくれるのはとても助かります。
それでも休日は、夕食時に全員揃っている事が多く、
それが何よりも嬉しいです(#^.^#)
-----------------------------------------------------------------------------
19:50 / お菓子パン / - / trackbacks(0)
全粒粉パン2種
 

オリーブオイルの全粒粉パン ローズマリー入り

強力粉に薄力粉タイプの全粒粉を25%入れたパン。
ノンシュガーでオリーブオイルは5%です。
捏ね水をホエーにしたせいもありますが、
5%の小麦グルテンを足し、ボリューム(ふんわり感)UPしました。
次の日もふんわり〜♪
焼かずにハム等をサンドして食べました。



刻んだフレッシュローズマリーが入っています。




全粒粉テーブルロール

写真1枚目とほぼ同じ配合のパン生地ですが、
成形と焼成温度を変えて焼きました。
上の白いパンは180度10分。
このパンは、200度10分です。
高温で焼成すると、表面の皮(クラム)がパリッとします。



「ハモス」という、ひよこ豆で作ったペーストを挟んで食べました。
卵サラダのようなほっこりした味がします。
ハモスにもフレッシュローズマリーを。
最近、身体がローズマリーを求めてる気がします(^^ゞ


次から、マクロビのお菓子が続きます。

1枚目は、
メイプルシロップで甘みを付けたホールアーモンド入りビスコッティー。




次は、
フランスの地方菓子「ノネット」をマクロビで作ってみました。
本来のノネットは、
バター&ハチミツたっぷりでスパイスの効いた生地の中に、
オレンジジャムが入っているお菓子らしいです。(見た事食べた事ありません・・)
パンデピスと似た味とのこと。
最後に砂糖(糖衣)で固めます。

マクロビなので当然バターは使えません。
ハチミツはギリギリOKとし、生地はハチミツと豆乳と菜種油で作りました。
オレンジジャムはオレンジピールにして、生地にまぜました。
ジンジャーパウダーとシナモンを入れ、丸い型に入れて焼成。
糖衣は粉砂糖とオレンジ果汁等で作るのですが、
マクロビでは精製したお砂糖が使えないので、
甜菜糖パウダーで代用しました。が、やはりあまり上手く固まらず・・。
手にペトペト付いてしまいます(>_<)
写真の真ん中のものが甜菜糖で糖衣したものです。

バターの香りはしませんが、
スパイスの香りと、しっとりねっちりしたフランス人の大好きな食感は、
再現出来たかな?(^.^)

 ↓は、ノネットの食感をそのままに、アールグレイとレモン風味にしたもの。



表面の艶は、前回の甜菜糖糖衣が不成功だったので、
カカオバターを溶かしたものを塗ってみました。
ツヤッとして見た目が良くなりましたが、
微かに香る油がちょっと胃にもたれる感じ・・。
もっと研究します!

今、一歩街に出ると、そこらじゅうハロウィンですよね〜☆
我が家にもハロウィン用のクッキー型があるので作りました。
10月限定ですし〜


緑のおばけは「よもぎ」
黄色のジャックオーランタンは「かぼちゃ」
黒の十字架は「ココア」で、色を付けました。
生地の配合は微妙に違っています。マクロビ対応クッキーです。




十字架はクリスマス用に買ったのものですが・・
ハロウィンにも合いますよね?(^_^;)
コウモリ型もあるので、また作ろうと思います。

HappyHalloween〜☆
19:15 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
ベーグル2種
 

甘酒入り全粒粉ベーグル




ホエーで捏ねた全粒粉ベーグル

ベーグルは一次発酵せずに分割・成形し、
二次発酵してから茹でて、すぐに焼成します。
通常のパンに比べて作業時間は短いのですが、
作業する時はとっても忙しいです(笑)

写真1枚目のベーグルは、
甘酒+豆乳を捏ね水にしたベーグルで、
2枚目は、豆乳からカッテージチーズ(もどき)を作った時に出たホエー
で捏ねたベーグルです。
2つとも、見た目はボツボツゴツゴツした感じですが、
ふんわりもっちりしていて結構美味しいです!(^^)!



甘酒ベーグルは、同じく甘酒入りの餡子を挟み、
ホエーベーグルは、ベーコンを挟んで食べました。





久しぶりにバター(動物性素材)を使ったお菓子を作りました。
生おからをフライパンで炒ってサクサクにし、
小麦粉やバターと混ぜて生地にしたクッキーです。
おからは全く感じず、アーモンドプードルは入ってないのに、
とてもコクのあるショートブレッドのような味がします。
バターの香りとザクザク食感が食欲をそそり、
あっという間に無くなりました〜
娘曰く「これがホントのクッキーだよ!」デス。
最近、マクロビ系しか作ってなかったからなぁ^^;


次からは、マクロビの焼き菓子が続きます(笑)



フェアトレードのアールグレイ茶葉を使ったマドレーヌ。
刻みレモンピール入りです。



カレンズ入りのビスコッティーです。
粒の大きい有機全粒粉を使ったせいか、
軽くサックサクに焼き上がりました。
息子、大満足(#^.^#)
同じ生地でホールアーモンド入りを作ってあげるね〜と言ってから、
もうだいぶ日にちが経ってしまってます(^^ゞ




上のハート型は、生ローズマリーを刻んで加えたサブレで、
下のディジー型は、アーモンドプードル入りの素朴なクッキーです。
2つとも、家の近所の古本屋さんで見つけたレシピ本を参考にしました。
ディジー型の方は、レシピを見た時から「これ絶対に甘み足りない・・」と
思っていた通り、ほとんど甘さを感じないクッキーでしたが、
2〜3日経つと、じんわりと滋味深い味が増してグッと美味しくなりました。



植物性素材のみで作った、モンブランタルトです。
中に豆乳から作ったチーズ風ムースが入っています。
生ケーキは普段あまり作らないせいか、
5個しか作ってないのにヘトヘトになりました〜




最後は、ほぼマクロビ仕様のミニクグロフです。
どうして「ほぼ」かというと、クグロフ自体はマクロビ対応なのですが、
仕上げに使ったチョコとキャラメルチョコ(くぼみに入ってるもの)が、
乳製品を含んだ普通のチョコなんです〜
チョコの上の赤いものは、フリーズドライフランボワーズです。
見た目に惹かれて、娘が飛び付きました(^^)/

------------------------------------------------------------------------------
2〜3日前から金木犀の香りがしています。
お隣の立派な木から香ってます。
我が家にもあるのですが、裏庭のひっそりした場所で・・ほとんど匂いません。
そんな我が家の秋ですが、
高校生の息子が真夏に受けた、とある資格試験の結果が通知され〜
嬉しい事に合格でした☆
将来の仕事を考え、その仕事との相性を見るために、
高校生のうちに受けてみたのですが、
きっとなかなか良い相性だったんだと思います。
その資格が将来の役に立つ可能性は少ないかもしれませんが、
合格の2文字は、今の息子の強い励みになったと思うので、すっごく嬉しいです。
大きなケーキを買ってお祝いしました(#^.^#)
-------------------------------------------------------------------------------



07:05 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
甘酒づくし
 





甘酒パン3種

甘酒で捏ねたパンです。
甘酒は酒粕で作るタイプではなく、
お米と米麹で作るノンアルコールのものです。
最近は、塩麹に対して甘麹と呼ぶこともあるようです。

各パンで甘酒の量はまちまち(その都度適当・・)ですが、
塩の代わりに味噌を入れたパンと同様に、
焼き上がったパンはとても香ばしいです。

どうしてそんなに「甘酒」なのかと言うと、
大量に作ったからです^_^;
麹と炊いたお米を合わせて保温するだけで出来るんです。
塩麹は出来上がるまで2週間くらい掛かります。
でも甘酒は8時間くらいで出来上がります。

玄米麹を使ったので、茶色い粒々が入っています。
とってもあま〜〜〜く仕上がりましたが、
玄米麹が少々固く残ってしまい・・お菓子やパンに使う時は、
裏ごししてからじゃないと、口の中に残ります・・。
次はちゃんと作るぞ〜!


甘酒はとっても甘いです。
なのでお菓子にも使えます♪
お砂糖ゼロ、もしくは少量の使用で甘く作れます。











抹茶マドレーヌに甘酒を使ったかどうか・・ちょっと定かではないのですが、
他のお菓子には入ってます(^^ゞ
全てマクロビ対応です。

最後のクッキーは「えごま」入りのクッキーです。
えごまというものをご存じでしょうか?
生の葉はシソとそっくりで、実はゴマに似ています。
でも味は微妙に違って・・微妙な味です(笑)
でもとっても栄養価が高いらしく、
実を絞って作るえごま油は、スーパー身体に良いそうです。
が、スーパーお高い!!
買う勇気がないので、生の葉(値段はシソの1.5倍くらい)や、
実(同ゴマの2倍くらい)を時々買ってみてます。
実はゴマより大きく固いので、すり鉢ですってから使います。
なので写真にもすり鉢を写してみました(笑)掌サイズです。
これは祖母の形見で・・昭和っぽいですよね?気に入ってます(#^.^#)
抹茶マドレーヌが乗っている朱塗りの菓子皿も祖母の形見です。


甘酒はパンや焼き菓子以外にも使います。


白玉やお団子を捏ねる時、普通は水を入れますが、
その水を甘酒に代える事ができると知り、やってみました♪
ほんのり甘い白玉になりました〜(^^)/

白玉に添えた餡は、小豆と甘酒で出来ています。
つまり、ノンシュガー白玉デザートという訳です!(^^)!
上に掛かっている黄色いソースはマンゴーです。
たまたま家にあり使ったのですが、意外に合いましたっ☆


ここから下は、甘酒を使っていないお菓子です。





卵や乳製品を使わないタルトに、
お豆腐とココナッツミルクで作ったクリームを乗せ、
そこに蒸したかぼちゃをココナッツミルクで適当に伸ばして作ったペーストを
モンブラン金口で絞り出しました。
ケーキ屋さんのケーキを期待して口に入れると、
薄らぼんやり感じてしまう味なんですが(^_^;)
見た目のせいか、子ども達は喜んで食べてました。
モンブラン金口で絞り出すと、ペーストがふんわりして口当たりが柔らかいです。




葛入りの全粒粉クッキーです。
サクサクに仕上がる生地のため、型抜きが非常にやり難く・・
20枚程のクッキーを抜くのに、1時間も掛かってしまいました(+o+)
もっと単純な形の型ならあっという間だったんですが、
どぉ〜してもこのお花型で焼きたくて。
こういうバカみたいなこだわりは時間の浪費ですよね・・反省。。






ナッツ粉たっぷりの半球形クッキーです。
口の中に入れるとホロッと崩れます。
生地を、写真に写っている計量スプーンにギュっと詰めて形を作り、
低温で焼きました。

-----------------------------------------------------------------------------
「業務用」は、ちょっとお得なイメージがありませんか?
先日、プロのパティシエさんが利用する製菓材料店で買い物をしました。
普段100g200g単位で買う材料が、1kg2kg単位で売られています。
良いもので、しかも業務用サイズなので値段は高めですが、
100g当たりで考えるととってもお得!
「家で小分けにして保存しておけばいいかっ〜」と、つい買ってしまいました。
がっ!その小分け作業がかなり面倒・・。
アーモンドプードル2種を各1キロずつと、レモンピール1キロ買ったのですが、
分ける時、ボロボロとテーブルにはこぼしてしまうし、
作業が本当にめちゃめちゃ面倒!
おまけに大量の材料を、家庭のキッチンで賞味期限内に使い切るのは
やはり無理があると悟りました。
これからは少々割高でも、お店で小分けにしてもらったものを買う事にします・・。
------------------------------------------------------------------------------


17:45 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
甘酒プチパン
 

甘酒プチパン

甘酒で捏ねたセミハードパンです。
強力粉に大麦粉をプラスしてあります。

甘酒で即席甘酒酵母を作ろうと思ったのですが、
ちょっと時間が無かったので、イーストで発酵させました。
甘酒で捏ねたパンは食べた時、
酒まんじゅうと同じような香りがほのかにします。
そして、砂糖を入れなくても甘〜いです。

7月8月は、部屋(常温)にそのまま置くだけで、
オーブンの発酵機能を使った時と同じくらいの時間で生地が発酵します。
9月に入り・・だんだんと部屋での発酵時間が長くなってきました。
でもそうなってからの方が、パンを焼く気力がわきます(^^ゞ
暑い時は何もしたくない・・。



ホットドックパン

少し細長く成形したパンです。




米粉100%パン

グルテン無しの製菓用米粉に、小麦グルテンを足して作ったパンです。
100gと少量だったので、久々に手捏ねしてみました。
(100gで写真の4個作りました)
米粉パンは一次発酵なしで焼けるので、あっという間に出来ます。


捏ね不足だったかな? かなりもっちりしてしまいました〜




ドッグパンに卵サラダを挟んだものと、全粒粉パンケーキ・・
子ども達の朝ご飯です。
私の朝ご飯はいわゆる「小鳥食い」で、
午前中、家事をしながら何かを摘み続けてます^_^;


相変わらずマクロビスイーツを作っています。
卵・乳製品・白砂糖を使わないお菓子です。

先日、とても素敵なお店のマドレーヌを頂きました。
原材料のトップには「卵」。
ふんわりぽっこりするのに不可欠な食材です。

ムラムラっとライバル心が起こり・・
卵・バターなしのマドレーヌを作りました。


競争心が功を奏したのか・・今までで一番上手く焼けました(^.^)






葛粉(くずをパウダー状にしたもの)を入れたクッキーです。
片栗粉と同じ効果で、軽くサクサクに焼き上がりますが、
葛はとても高価な食材。
マクロビではお馴染みですが、敬遠していました。
でも葛は身体を温めるというので、思い切って買ってみました。

食感は片栗粉と大きな違いはない気がしますが、
舌に残る粉っぽさが、葛にはありません。
片栗粉と違いがなかったらちょっと損した気分になると思うので、
多少でも違って良かった(^_^;)

豚さんのクッキーは、有機生姜パウダーを入れて、
ダブルぽかぽかクッキーにしてみました。




豆乳シフォンケーキ(マクロビ仕様)

夏に、突然マクロビのシフォンケーキが作ってみたくなりました。
通常のシフォンは、
卵白を泡立てて、その泡で軽く絹のようなケーキに焼き上げるのですが、
マクロビなので卵(動物性素材)は使わずに、豆乳を泡立てて作ります。

本やネットを参考に何度も焼きました。
なかなか納得できるものが出来ず・・
これ以上続けて作ると、子ども達に飽きられるなぁ〜と思った頃、
どうにか自分のレシピが作れました。

ほとぼりが冷めてきたので〜レシピの確認を兼ねて作ってみました。
キッチンエイドの速度●で何分ミキシング・・とか、
自分のメモ通りにやってみたら〜けっこう上手く出来ました(^^)/

ケーキの上部が白いのは、紙を敷いたせいでしょうか・・
やっぱり何も敷かない方が良かったかな。



普通のシフォンケーキと比べると、キメも荒くてもっちりしています。
でもたぶん、マクロビシフォンとしてはかなり上出来じゃないかな♪
写真は14センチのちょっと小さめシフォン型使用です。

意外な食べ方になりますが、
スライスしてトーストすると、表面がサクッとしておいしいです。
マクロビじゃなくなっちゃいますが、とろけるチーズとの相性も抜群☆
油も使ってないし、砂糖も焼き色程度にしか使ってないので、
カロリーもコレステロールも限りなく低いシフォンケーキです。


最後に、マフィンです。


カカオマスを入れたチョコマフィンに、
豆腐・豆乳・ココナッツミルクで作ったクリームを
バラの形にして飾りました。
バラに見えないし、ちょっと汚いけど・・・バラ口金で絞りました。



思った以上に子どものウケが良く・・
見た目も味も、かなり好評でした(#^.^#)



17:33 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
麹入りパン2種
 

しょうゆ麹セミハードパン

塩の代わりにしょうゆ麹の入った全粒粉パンです。
砂糖・油脂を入れず、高温でクラスト固めに焼きました。

添えてある綺麗な色のジャムは、
友人宅のお庭で実ったプルーンをジャムにしたものです。
生のプルーンは紫で、地味な色をしているんですが、
加熱すると突然!情熱的な赤になりました♪





塩麹食パン

こちらは、塩の代わりに液体の塩麹を入れたパンです。
ベーカーズ%で5%入っています。
私は塩控えめなので、通常だったら10%くらいかな?

こちらも油脂・砂糖を入れずに捏ねたのですが、
一次発酵後、弛めの生地になったので分割作業が面倒になり(^_^;)
急遽、食パン型に入れて焼きました。
油脂が入っていないのでどうかなぁ〜と思ったのですが(過発酵気味だったし・・)
次の日カットしてみたらしっとり柔らかで、焼かずにそのまま食べられました。



麹を入れると焼き上がりがとても香ばしく、
天然酵母で長時間発酵させたような、深みのある味になります。
噛みしめると本当に美味しいです!

粉に味噌や麹などの発酵食品を加え、更にイーストで発酵させたパンを、
私は勝手に「W発酵パン」と呼んでいます(笑)
W発酵パン、癖になる深い味わいですので、ぜひお勧めします♪

発酵食品と言えば・・
前回のブログでも載せた甘酒クッキーを気に入って何度か作っています。
親に差し入れしても喜んでくれます。



写真のものは、少し焼き過ぎてしまいました〜(^^ゞ

写真を2枚続けます。




上のマフィンはバター・卵不使用で、
オレンジ果汁とアガベシロップ入りのマクロビ対応マフィンです。
しっとりふんわりしています♪

バンビのクッキーは、
白い方がバニラ味で、
茶色の方はキャロブとココアパウダー入りのチョコ味です。
こちらもマクロビ対応です。

チョコ味の方は、クッキーの裏面を表にしています。
微かに見えるのは、ベーキングシートの跡です^^;

最後はタルトです。


一番上の写真ではジャムにしたプルーンを、
生のままタルトに乗せて焼きました。
プルーンの下は、アーモンドクリーム(マクロビ対応)です。

プルーンを2つに割って種を取り、タルトに並べたのですが、
皮側が上か、実を見せて並べるか迷い、
両方でやってみました。う〜ん・・微妙?(?_?)



--------------------------------------------------------------------
9月に入りました。
8月末から猛暑日に逆戻りし・・
秋物を着るなんてまだゼンゼン考えらませんが、
たまにはファッション雑誌でも買ってみようかなぁ〜と、
迫る食欲の秋を前に、今から防衛策を考えています(笑)
---------------------------------------------------------------------



19:25 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
雑穀入り味噌パン
 

雑穀入り味噌パン

見た目は悪いのですが・・味わい深いパンです。
強力粉に炊飯用雑穀(熱湯に15分くらい浸したもの)と、
スキムミルク・イースト・塩の代わりの味噌が入っています。
油分・砂糖・卵は入っていません。
焼き上がる時、辺り一面やさしい味噌の香りでいっぱいになります♪


マクロビスイーツをたくさん作りました。
最初は、前回のブログで「写真撮ります!」と書いていた、
お豆腐のガトーショコラです。



カカオマスやココアパウダーがたくさん入った濃厚なチョコケーキですが、
お豆腐や豆乳もたくさん使い、乳製品やバターを使っていないので、
食後の口の中は意外とさっぱりしています。
(歯はオハグロのようになります(^^ゞ)



お豆腐と言えば・・
7月から、玄米についている植物性乳酸菌で発酵させた「豆乳ヨーグルト」を
自家製しています。
ネットで集めた情報をもとに、適当に作りました(笑)
あ、テキトーと言っても、昔取った杵柄がありますから〜
(自家製酵母でパンを焼いていた過去アリ)
ソコソコ発酵の基本は踏まえられているハズです(と、思います)

玄米(発芽玄米を使いました)と無調整豆乳を3対7くらいで容器に入れ、
よぉ〜くかき混ぜて温かいところ(35度前後)に置いておくと、
一晩(8〜10時間)くらいで発酵してきます。
最初から綺麗なヨーグルト状に固まる人もいるらしいですが、
(たぶん発酵させる温度や乳酸菌の状態・豆乳の質による)
私は乳酸菌が強過ぎて(推測)、モロモロの豆腐と炭酸水が混ざったような
感じになりました。
味もヨーグルトというよりは、炭酸豆乳って感じ(>_<)
身体に良いと思えば食べられますが、あまりおいしくなかったです・・。
出来上がりの味は、豆乳の影響が大きいですので、
自分の味覚に合ったおいしい豆乳を使って下さい。
飲んでマズイと思う豆乳で作っても、決して口に合うヨーグルトは出来ません。

玄米を取り除き、冷蔵庫で冷やせば一応は完成ですが、
(玄米は、洗ってから炊けば普通においしく食べられます♪)
かけ継いでいくと、菌が安定しておいしいヨーグルトになります。
私の場合、まる2週間経ったくらいから滑らかなヨーグルト状に固まり、
まろやかな酸味を持つ豆乳ヨーグルトになりました。

かけ継ぎは、
上記の出来たもの(元種)とお風呂くらいに温めた新しい豆乳を
1対3くらいの割合で(元種が少ないと発酵に時間がかかって、
良くないものが増殖する可能性があるので、最初は元種多め)合わせ、
よぉ〜くかき混ぜてから温かいところに数時間(4〜6時間くらい)置きます。
最初は分離してしまったり、泡立ってしまったりするかもしれません。
プルン♪となめらかなヨーグルトになるのを信じて、
気長にかけ継いでいけば大丈夫です(^^)/
菌が安定してくれば、元種少なめで継いでも平気です。
私は安全志向なので(笑)1対5くらいでやってます。

どの時点でも、本能が「ヤバイ・・」と思うような味・匂いになってしまった場合は、
躊躇せず捨ててください!
そこには乳酸菌ではなく、違うものが繁殖していますから・・・・・。
かけ継ぎには、くれぐれも清潔な道具と器を使って下さいね(^^)/



↑少し固めに出来た日の豆乳ヨーグルトです。
小豆の水煮を乗せて。

下は、一晩水切りした豆乳ヨーグルトに、
レモン汁と塩少々加えてディップ状にしたものです。
シリアルバーに塗って食べました。



と、話が少し反れました(^^ゞ
また焼き菓子に戻ります。



甘酒を使ったクッキーです。コクがあって美味しいです!!
最初に普通の厚さで甘酒クッキーを作ったのですが、一口食べて
「んっ!これはガレットブルトンヌっぽいかも♪」と思い、
卵や乳製品を使わないガレットブルトンヌに挑戦してみました。
試作2回目で自分なりに納得できるものが作れました。(写真のもの)










最後から2枚目のレモンクッキーは、
粉の配合やレモン汁・レモンオイルの量、砂糖の合わせ方などを
何度も試行錯誤したクッキーです。
自分史上一番軽い食感のレモンクッキーになりました☆
(でも片栗粉は使っていません。粉っぽさが苦手で・・)
夏に食べてもらいたいクッキー♪

レモンサブレは、
レモンミンチ(うめはら製)とアールグレー茶葉を入れた厚焼きクッキーで、
レモンがカリカリの食感になっていて美味しいです。
サブレというよりは型のせいでショートブレッドっぽいですが〜(^_^;)
ホロホロです。



最後に・・
娘の部活に差し入れしたクッキー。
ココナッツの入ったかぼちゃボールクッキーと、
(試行錯誤がまだ途中だった・・)レモンクッキーです。
レモンクッキーに見える小さなつぶつぶは、
もちあわをミルで粉砕したものです。
もちあわの黄色が綺麗に発色してレモン色っぽくなるかなぁ〜と思ったのですが、
大した効果はなかったです(>_<)

-------------------------------------------------------------------------------
8月も最後の週になりました。
長かった夏休みもあと少し。
今週は用事等で少しバタバタしてしまいそうなので、
気が付いたら9月になっているかも・・。
9月は9月でいろいろあるので、残暑は気の休まらない日々で埋まりそうです。
でももうすぐ昼間は子どものいない一人の時間が戻ってくると思うと、
吹く風に涼しさを感じた時のような、この先を少し期待する心持になります(笑)
-------------------------------------------------------------------------------



07:05 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
クランベリーパン


クランベリーパン

珍しく、バターとお砂糖を比較的たくさん使ったパンを焼きました。
娘のお友達が遊びに来た時に、ベーグルサンドと共にランチに出し、
食べきれなかったものを、お土産用にと袋に入れました。
その写真です(^^ゞ



上のパンは、黒豆餡を練り込んだパンです。
黒豆餡は、抹茶シフォンケーキに添えるために作りました。
オイルは入ってないのですが、
(見た目と違って?)ふわふわもっちりで、美味しかったです。



最近は、
マクロビもしくはヴィーガンスイーツと呼ばれているものを、
(この真夏の最中に)日々作っています。
写真に収めるのが面倒で・・
ごくごく一部だけになってしまいますが、ご紹介させて下さい。



卵もバターも使っていないマドレーヌです。
抹茶はちょっぴりまったりし過ぎて(濃厚とも・・)
少々失敗気味です。



タルト生地(もちろん植物性素材のみ)を焼き、
その上に湯煎で溶かしたカカオマスを塗り、
豆乳メインのクリームとフルーツを飾ったタルトです。
ちゃんと甘いですが、後味がすっきりしています。

豆乳クリームはどんなレシピを参考に作っても
「こんなものなの?」って感じにしか仕上がらず・・
先日、ちゃんとお店で出しているクリームを食べに行きました。
結論。「こんなもの」でした(笑)




上の写真は、
お世話になった知人に渡した、マクロビのお菓子です。
贅沢な銘菓を良く知っている知人達なのですが、
マクロビスイーツにとても興味を持ってくれて、
おいしい♪と食べてくれました。

見難いですが・・
左の棒状のものが「豆腐フィナンシェ」
器に入った焼き菓子、左「ローズマリー入りクッキー」
中「メープル塩バニラクッキー」 右「ココナツクッキー」です。

豆腐フィナンシェは、メインの材料が木綿豆腐で、
でも豆腐臭さを全く感じさせない逸品で(自分で言う!)
こういう系のお菓子があまり好きではない息子がガツガツ食べます(笑)

豆腐メインと言えば、豆腐のガトーショコラもたまに作ります。
これも息子の喰いつきが非常に良いです(笑)
次回こそ写真に撮るので、ブログでぜひ見ていただきたいです!


長くなってしまいますが〜
フォントを使っていただいたものをご紹介します♪

7月にデビューした上野優華ちゃんのデビュー曲CDジャケットに
使っていただきました。
オフィシャルサイト:http://yuuka-ueno.com/

優華ちゃんは、
キングレコード創業80周年(2012年時)記念で開催された
“Dream Vocal Audition”にてヤングマガジン賞を受賞した15歳高校1年生。
デビュー前にも関わらずヤングマガジンの巻末グラビアに掲載されたり、
東京大学大学院情報理工研究科学生募集のモデルを務めたり、
さらに映画初出演でいきなり主演という映画『トイレの花子さん 新劇場版』では
表題曲が主題歌に。(メディア抜粋)
という、将来有望の女の子です。
私の娘と同い年とは思えないキュートな色っぽさもあって、可愛いです♪




ストーリーでわかる心理統計
大学生ミライの統計的日常〜確率・条件・仮説って? 
小塩 真司 著

http://www.tokyo-tosho.co.jp/books/978-4-489-02158-9/

ところどころにフォントを使って下さっています♪
シリーズ化の予定があるので、また使っていただけるかもしれません(^^)




「つくろう! 事務だより」―そのまま使えるテンプレート・イラスト集付き
http://www.gakuji.co.jp/
保健だよりやクラスのお便りにそのまま使えそうなものがいっぱいです♪




「なんでやねん」 世界文化社
中川ひろたか (文)鈴木 翼 (原案)あおきひろえ (絵)
爆笑必至のユーモア絵本とのこと(^.^)
少しデフォルトして、フォントを使って下さっています♪

画像は全てAmazonからお借りしました<(_ _)>

紹介させていただいた上記の4つは、
ご丁寧な使用報告をいただき、
上から3つについては、見本として原物を頂きました。
とても感謝しています!ありがとうございます♪
(優華ちゃんのCDやミニ写真集を見て、
息子はすっかりファンになってしまいました!)

ご紹介した以外にも、コンビニなど身近なところで良く見かけます。
一番びっくりするのが、
子ども達が学校からもらってくるお手紙に
私のフォントが使ってあったりして〜
嬉し恥ずかし・・いえいえめっちゃ嬉しいです(#^.^#)
ありがとうございます!!

------------------------------------------------------------------------
今年も去年に引き続き、猛暑猛暑の日々。
水分補給に気を付けて、くれぐれも熱中症に気を付けて下さい。

前回のブログからずいぶん日が経ってしまいましたが、
次のブログは涼しくなってから・・じゃないように、頑張ります(^^ゞ
-----------------------------------------------------------------------
22:30 / 食卓パン / - / trackbacks(0)
1/25PAGES >>